読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるみの「駄々談、駄々断、暖」

転勤族の妻で、発達障害者(自閉症スペクトラム)の女が独自の価値観を語る、つまらないブログです。

なぜ、アスペルガー当事者は嫌われるのか

なぜ、アスペルガー当事者は嫌われるのでしょうか。

 

診断が下り、当事者会やTwitterで同じ自閉症スペクトラムアスペルガー症候群)の当事者とやり取りしてみて、客観的に思った事を書きます。もちろん私本人にも言える事です。アスペルガーの人からは反論がありそうですが…

正直、本当に反面教師になりますし、とても良い勉強になりました。

 

 

①診断が下っても、何故自分がトラブルを起こしてしまうのか、自覚ができない

自覚がなかなか出来ないから障害だろという声もありますが、さすがに診断が下ったら、自分がどういうところに気を付ければいいのか、多少なりとも自分の障害について勉強をしていけば分かるはずです。

勉強はしていても、実際に客観的に自分がどう見られているのか知ろうとする人が少ない印象です。

確かに自分の欠点を見るのは怖いのは分かるけどね…私も時間がとても掛かりました。

 

 

②無自覚な自慢が多い

何故か自慢が多いです。私がアスペルガー当事者の割には能力が低くコンプレックスが多いから、余計にそう感じてイライラするのかもしれません。

私は努力しているんだという自慢、高IQ自慢、学歴自慢、仕事が出来る自慢、友達に恵まれている自慢、能力に恵まれている自慢、モデルだった自慢、モテる自慢、元恋人が可愛いという自慢…

うん。知っているだけでもこれだけあげられます。

健常者にはそれ自慢かよ~(笑)と気軽に言えるのですが、言えない雰囲気がある。否定するとキレる人が多い。

そう言われてみると、私も結婚して夫に恵まれている自慢しているな…反省。

 

 

③無神経な発言が多い

あ、これは私にも言える事です。このブログが無神経だと思う人もいるので…

そこでそれを言うか!?という事がしばしばありました。

 

例えば、私が精神的に落ち込んでいて、今まで周囲に嫌われてきた事をTwitterでつぶやいていたら「流石にそこまで嫌われるって、どうしてなんでしょうね」とか、自己診断で自閉症スペクトラムと出なかったと言えば「自覚がないから、そういう結果が出たのでは?」と言われる。

いや、嫌われる理由も障害も自覚してるからね!マジで!人の事言えるかいな?

…失礼しました。

 

アスペルガー当事者には、決して共感や同情を求めてはいけません

あと、安易に愚痴を言うと嫌われます。本当に健常者よりも人一倍、努力家が多いので。

いや、努力家というか、意識高い系が多い

私みたいに「なんとかなるさ~」的な人が少ない印象です。

 

 

④上から目線の発言をする

これは健常者でもしばしばいるのですが、特にアスペルガー当事者は思い込みも激しく、大半が自分のやり方や考えに自信がある為(他の項目にも繋がります)、どうしても上から目線の言い方になります。しかし、本人は普通に話しているのです。

もちろん未診断、グレーゾーンの方にも見受けられます。

ある当事者は、一回り以上年下にも関わらず、最初から上から目線でアドバイスをしてきました。

年齢、上下関係や自分の立場を考えながら、話し方も変えようとしても出来ない為、必然的に人間関係トラブルも起きます。

私も以前は、上司や知り合い程度の方と言い争いになった事もありました…反省。

 

 

 ⑤自分の意見を絶対に曲げない、人のアドバイスを聞けない

私自身も一度「こうだ!」と思い込んだら、一方的に相手に考えを押し付けるタイプで、人のアドバイスが聞けなかったので、よく相手をキレさせて嫌われていました。

 

ちなみにアスペルガー当事者同士でやり取りしていると、お互いにこの5項目のような感じなので、一旦合わなくなると、もうお終いです。経験上、健常者相手よりも早く縁が切れます。

その辺は、また違う記事で書きます。

 

アスペルガー当事者に嫌な思いをされた経験が書いてあるSNSやブログ、質問サイトや掲示板を当事者として見るようになり、「ああ、こういうところあるな…気を付けよう」と反面教師にすることが出来ました。

自分の欠点に目を背けないで、やっていきたいです