読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はるみの「駄々談、駄々断、暖」

転勤族の妻で、発達障害者(自閉症スペクトラム)の女が独自の価値観を語る、つまらないブログです。

私が癇癪(かんしゃく)を起こさなくなった理由、キレなくなった理由

ブログ更新が一か月ぶりになってしまいました。

ヤフコメやYahoo!知恵袋でコメントする方に夢中になっていたからです。

今のところ、6割以上ベストアンサーです。経験がお役に立てて嬉しい限り。

以上、言い訳でした。

 

 最近、珍しくエッセイ漫画を購入しました。

 私は男性をグーで殴る事は無かったのですが、「キレる私をやめたい」一人です。

というか作者さん、いくら感情的になっているからといって、男性をグーで殴れるって凄いですね。

私は殴ると、精神的or肉体的に倍返しされた事が何度かあるので、怖いです。相手が誰とは言いませんが…

 

ちょっとネタバレになってしまいますが、この作者さん(以下、田房さん)がキレる理由が、簡単に言えば、親からの過干渉によるマイナス思考から来ているんです。

私のキレる原因って、自分の言う事…本心や意見を相手が聞いてくれないから、自分の思い通りにならないからなので、読んだ時は、あまり役には立たなかった。

 

何故、キレる原因について分かったかというと、

散々、学生時代から周りにワガママだとか自己中だとか言われてきたわけですが、それを認めようとはしなかった。

だけど一度、リアルで付き合っている人が離れていく、いきそうな思いをした。一時期ネット上でしか他人とやり取りが無かった時期もあった。病院も行かない時期もあったし。

そんな時期を経て、自問自答した結果、欠点を認めることができるようになったのです。発達障害の診断を受けてから、欠点を認められるようになるまでスムーズでした。

 

ただ、田房さんと同じように親からの影響…私の場合は親から自分を認めてもらえなかったから、他人にそれを求めていたところはあったのかもしれません。つまりは承認欲求が過剰だったんです。

今まで求めていた方々(一部を除く)、本当に申し訳ありませんでした。皆さんに罪はありません。

結局は自分で自分を認めるしかないのです。

 

しかしそれが分かっても、癇癪は完全には無くなりませんでした。

家では大きなストレスが溜まる度に、癇癪。職場でも、理不尽な上司や先輩相手にキレていました。

 

やっとやっとですが、結婚前に正社員の仕事している時から、徐々にキレなくはなってきました。「正社員の責任」があったからです。

ある仕事を一人で任されていたので、絶対にトラブルは起こしたくないというプレッシャーを自分にかけていました。

 

完全に癇癪が無くなったのは、結婚してからです。何故なら、入籍するにおいて「家庭を持つ責任」を感じたからです。

私の評判が、そのまま夫の評判、そしていつかはできるであろう未来の子供の評判を落とすことになる。そう思えたら、自然に無くなりました

普通は母に対してもそう思わなくてはいけないのですが、自分を認めなかった母はそれに値しなかった。無論、同棲していた元彼も同様。

 

そう、私が癇癪を起こさなくなった理由、キレなくなった理由は

「自己責任」を持つようになったからです。

30代前半で気付くの遅いですね。

それまでは相手のせいにしてばかりだったので、自分で背負うはずの「責任」を相手に押し付けていました。

本当に最悪の人間ですね…私。

 

今あげたのは一つの例ですが、まずは自分が何故キレるのか…どういった場面で癇癪を起こすのか…じっくり分析すると、改善方法が見えてきます

前出の田房さんもそうでしたし、私もそうです。

ただ、キレる自分が嫌い…と思っているだけだと、改善はされません。余計に悪循環に陥ります。

その前に、自分の欠点を認めること、それを受け入れることから始めましょう。

その参考に、私が過去にYahoo!知恵袋で相談したものです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

 欠点があるからって、キレるからって、ダメ人間なわけじゃないからね!

 

重い女は治らない ※映画『モテキ』ネタばれ有。

…という事で、とうとう発達障害以外のネタも書くことにしました。

お得意の(?)恋愛ネタです。また私の経験から書いています。

 

先日、夫と映画『モテキ』を見ていまして、るみ子が振られるシーンと過去の私があまりにも被っていたので、つい書きたくなりました。

とりあえず、幸世は酷すぎる。でも「重い」って言ったり思ったりする男って、かなりいるんだよなあ…はあ…

 

最後の方で、るみ子が墨田に「でもさ、これからは色んな男とSEXした方がいいんじゃない?男は藤本(幸世)だけじゃないんだし」と言われるわけですが、

 

色んな男としようが、重たい人は重たいんだよ!

 

と凄くツッコミを入れたい。何故なら私がそうだから。

 

とかいう私も、片鱗はあれど、若い頃恋愛していた時は重たい女だったわけではなく、長く付き合っていた元彼Aから毎日生活面での指摘の連続、そして喧嘩の時の人格否定や見下しがあり(そこはまた別の記事で書いていきます)、「この人に合わせないといけない」と思うようになってしまった。

そしてその元彼と別れてからは、あのシーンのるみ子みたいなセリフを好きな人に言う重い女にすっかり変貌。

ちなみに幸世がるみ子を振る時に言っていた「なんでも俺に合わせようとするの重たいんだよ!」という事も何度言われたか…

それまでは、良くも悪くもマイペースで自分勝手だったので、極端になってしまったわけです。

 

その後、元彼Aを完全にふっきる為に、色んな男性と会ったり好きになったり、付き合ったりしましたが、結婚しても「重い女体質」は治らなかったです。

いや、結婚してちょっとは落ち着いたかもしれないけど、まだ自分を出すのに躊躇はあります。

 

人それぞれかもしれませんが、色んな男性に抱かれても、何らかのきっかけで自己肯定感が復活しない限りは、重い女のままです。

しかし元彼Aと別れてから夫に出会うまでの数年間は、全く異性関係が上手くいかなくて、空しいだけだったな~ホント。いや、昔から上手くいかない事が多かったけど、あれだけ空しい時期は無かったな。

 

ちなみに元彼Aの次に付き合った人に「もうそれ(重い女体質)が○○ちゃんの性質?だから無理でしょ」と言われました。

下のリンクは、当時実際に私本人が質問したものです。

detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

うん。重いですね、私。この時に初めて男性に「重い」って言われて、非常にビックリした記憶があります。

ていうか、その他の知恵袋の恋愛質問も大概重いよ、私。

この時の回答者さん達が言う通り、落ち着いたとはいえ、根本的に治るものではないし、色んな経験をしてきた夫だからこそ、受け止めてもらえたんだと思います。非常に有難いです。

 

恋愛で自己肯定感を無くした際は、自分に合った人とマトモな恋愛をした方が、肯定感は蘇ります

もちろん、自分も相手に合わせようとし過ぎず、相手に依存し過ぎない生き方も同時に少しずつやっていくべきです。

私は、まず、恋愛や男性中心の生き方から、第一に自分のより良い人生を生きる事にシフトしました。まずは精神的・経済的に自立する為に、いつも続かなかった仕事を少しずつでも長く続けるように。

それでもまだ自己肯定感は完全には蘇っていないですが、少しずつは前向きになっています。

 

長くなりましたが、重い女体質は治らないけど、いい恋愛とか結婚、男を忘れるほど取り組める仕事や趣味があれば、落ち着く事はできるよ!

 

また今後、過去の知恵袋からブログ記事にしていきたいと思います。もう、ネタが多過ぎて困っちゃう!

ただ、妊娠による体調の変化と特性のダブルパンチで、ブログを書く集中力がないだけなんだよ…時間はたっぷりあるんだけどね…←言いわけ

アスペルガー当事者同士の人間関係

ぶっちゃけ、アスペルガー当事者同士のお付き合いって、上手くいくのでしょうか?それとも…?

 

今回も、あくまでも私の経験で書きます。

前にアップしたブログ内容にも関係する事です。

 

tentsuma-harumi.hatenablog.com

 

結論から言うと、健常者相手と一緒で、相性の良し悪し、価値観や環境に左右されます。

アスペルガー当事者同士だから、特別上手くいくとか、逆にもの凄く上手くいかないとかはありません。

 

ただ、上記にあげた過去記事のようにアスペルガー当事者は言動が極端になるので、共通点が合うとすぐに仲良くなれますが、一旦考え方や特性抜きの性格のズレが生じると、すぐに縁が切れやすいです。

思い込みも激しいので、一度相手に不信感を抱くと、もう仲良くなれる事はありません。相手の価値観を受け入れようとか、それ以前の問題です。

 

しかし、こういう事って、大なり小なり健常者同士でも有り得るんです。精神的に未熟な者同士が付き合うと、同様の事が起きます。

アスペルガー当事者の場合は、精神的に未熟だというより、自分のやり方や考えに固執する…つまり頑固モンなので、なかなか相手との違いを受け入れるのが難しいです。

ちなみに私の場合は、精神的に未熟且つ極端に頑固モンだったから、人間関係も上手くいきませんでした。

 

つまり、特性の頑固さゆえに、どうしても極端な人間関係になりやすいのです。

 

あと、そもそも人間関係に興味がない当事者もいます。いわゆる孤独型と言われる人達です。

こういう人達は、もう自分独特の世界が出来上がっているので、基本的に接しても空回りするでしょう。当事者会にいて接した事もありますが、暖簾に腕押しでした。

ただ、彼らも相手に特性などの共通点を感じると、少しずつですが仲良くなっていっていくようです。最終的には、孤独型同士でつるんでいました。

 

こうして書いていると、そんなに健常者と変わりないですね。ただ極端になりやすいだけです。上手くいく時はトコトンいくけど、上手くいかない時はトコトンいかない。

 

もし、今後アスペルガーっぽい、実際に診断を受けた人と人間関係を築きたいと思ったら、この事を胸に留めておくべきです。

なぜ、アスペルガー当事者は嫌われるのか

なぜ、アスペルガー当事者は嫌われるのでしょうか。

 

診断が下り、当事者会やTwitterで同じ自閉症スペクトラムアスペルガー症候群)の当事者とやり取りしてみて、客観的に思った事を書きます。もちろん私本人にも言える事です。アスペルガーの人からは反論がありそうですが…

正直、本当に反面教師になりますし、とても良い勉強になりました。

 

 

①診断が下っても、何故自分がトラブルを起こしてしまうのか、自覚ができない

自覚がなかなか出来ないから障害だろという声もありますが、さすがに診断が下ったら、自分がどういうところに気を付ければいいのか、多少なりとも自分の障害について勉強をしていけば分かるはずです。

勉強はしていても、実際に客観的に自分がどう見られているのか知ろうとする人が少ない印象です。

確かに自分の欠点を見るのは怖いのは分かるけどね…私も時間がとても掛かりました。

 

 

②無自覚な自慢が多い

何故か自慢が多いです。私がアスペルガー当事者の割には能力が低くコンプレックスが多いから、余計にそう感じてイライラするのかもしれません。

私は努力しているんだという自慢、高IQ自慢、学歴自慢、仕事が出来る自慢、友達に恵まれている自慢、能力に恵まれている自慢、モデルだった自慢、モテる自慢、元恋人が可愛いという自慢…

うん。知っているだけでもこれだけあげられます。

健常者にはそれ自慢かよ~(笑)と気軽に言えるのですが、言えない雰囲気がある。否定するとキレる人が多い。

そう言われてみると、私も結婚して夫に恵まれている自慢しているな…反省。

 

 

③無神経な発言が多い

あ、これは私にも言える事です。このブログが無神経だと思う人もいるので…

そこでそれを言うか!?という事がしばしばありました。

 

例えば、私が精神的に落ち込んでいて、今まで周囲に嫌われてきた事をTwitterでつぶやいていたら「流石にそこまで嫌われるって、どうしてなんでしょうね」とか、自己診断で自閉症スペクトラムと出なかったと言えば「自覚がないから、そういう結果が出たのでは?」と言われる。

いや、嫌われる理由も障害も自覚してるからね!マジで!人の事言えるかいな?

…失礼しました。

 

アスペルガー当事者には、決して共感や同情を求めてはいけません

あと、安易に愚痴を言うと嫌われます。本当に健常者よりも人一倍、努力家が多いので。

いや、努力家というか、意識高い系が多い

私みたいに「なんとかなるさ~」的な人が少ない印象です。

 

 

④上から目線の発言をする

これは健常者でもしばしばいるのですが、特にアスペルガー当事者は思い込みも激しく、大半が自分のやり方や考えに自信がある為(他の項目にも繋がります)、どうしても上から目線の言い方になります。しかし、本人は普通に話しているのです。

もちろん未診断、グレーゾーンの方にも見受けられます。

ある当事者は、一回り以上年下にも関わらず、最初から上から目線でアドバイスをしてきました。

年齢、上下関係や自分の立場を考えながら、話し方も変えようとしても出来ない為、必然的に人間関係トラブルも起きます。

私も以前は、上司や知り合い程度の方と言い争いになった事もありました…反省。

 

 

 ⑤自分の意見を絶対に曲げない、人のアドバイスを聞けない

私自身も一度「こうだ!」と思い込んだら、一方的に相手に考えを押し付けるタイプで、人のアドバイスが聞けなかったので、よく相手をキレさせて嫌われていました。

 

ちなみにアスペルガー当事者同士でやり取りしていると、お互いにこの5項目のような感じなので、一旦合わなくなると、もうお終いです。経験上、健常者相手よりも早く縁が切れます。

その辺は、また違う記事で書きます。

 

アスペルガー当事者に嫌な思いをされた経験が書いてあるSNSやブログ、質問サイトや掲示板を当事者として見るようになり、「ああ、こういうところあるな…気を付けよう」と反面教師にすることが出来ました。

自分の欠点に目を背けないで、やっていきたいです

私が思う、いじめの定義

私が思う、いじめの定義について書いてみます。

 

昨日の某番組でいじめについて取り上げられたので、これは絶対書かねばと思っていました。

ただ今から書く事は、賛否の否の方が多いかもしれません。少なくともヤフコメでは青ポチ(否の方)が総投票数に対して7割ありました。

反論もあるかもしれませんが、私がいじめられて思った事です。

 

結論から言うと…

いじめられっ子に多少の非があっても、

いじめられっ子がいじめだと思ったらいじめなんです。

 

私は発達障害だと判明するまで、いじめられた原因や人に嫌われる原因を、全て相手や周りの人、育った環境のせいにしていました。

しかし、数年前に発達障害の診断が下り、自分の欠点が明確に分かることで、周りの言動も客観的によく見えるようになり、いじめられても仕方なかったと思うようになりました。

そして過去を振り返ると、昔に私をいじめていた人が、逆にクラスの女子に無視…相手にされなかったりした事もありました。当時は「ざまーみろ」と思っていましたが…

 

このように、過去の私のようにこれは明らかに嫌われるだろうと思われる人がいじめられる事もあります。

いじめっ子がいじめられっ子に転じる事はあります。

 

ですが、それでもいじめは良くない

それに、いじめじゃない、からかいだと言い訳する人もいますが、いじめられた側がいじめだと思ったら、全ていじめです。

気のせいだよ、と言われてもそれです。

もちろん例外はあります。本当に嫌っていないし、無視してない場合です。大抵いじめっ子は外面は良い人が多く、嘘を付くので、なかなか判断し辛いですが…

いじめると自分が駄目な人間になります。本当に自分にプライドがあるのなら、いじめません。

 

極端な考えだと思いますが、以上です。この件に関して、ご意見を頂ければ非常に有難いです。

 

続きを読む

発達障害だと診断された経緯

まずは、私が発達障害だと診断された経緯について語りたいと思います。

それを書かないと、今後のネタに繋がらないので(笑)

あまり詳しく書いてしまうと身バレの可能性もあるので、なるべくサクサクっと書きます。

 

最初に精神科に行ったのが、小学4年生の時。母と一緒に行きました。

普段は大人しい子供だったのですが、同級生や上級生にいじめられたりからかわれたりして、人間関係が少しずつ上手くいかなくなっていました。

その時はバウムテストを受けて、「まだ彼女は成長途中です。様子を見ましょう」と言われました。その時は、まさかとんでも無い事になろうとは思いも知らず…

 

久し振りに精神科に行ったのが、21歳の時。

きっかけは、この時期の度重なる男女関係で抑うつ状態になっていたためです。

それまで色々ありました。友達はちょこちょこいて楽しい時期もあったけど、いじめもからかいもあったし、学校でも職場でも飛び出し癖逃げ癖があり、クビにされた事もあり。

当時好きだった男性に「精神科になんて行くな」と説得され、一回で行くのを止める。

 

22歳の時に、当時働いていた職場で大きなトラブルを起こし、精神科に通院する事を強く勧められました。

それから、一か所目の病院では病名は言われず薬だけ出され、二か所目では社会不安障害と診断されました。二か所目の病院では、某大学の教授のカウンセリングを受けてみたのですが「元気だから大丈夫」と言われました。

ちなみに、地元の大学病院である教授に診てもらいましたが、「今の病院で治療してください」と返されました。

 

そして25歳。当時同棲していた恋人との度重なるトラブルで病み、入院した病院で境界性人格障害適応障害と診断を受けました。

発達障害と分かる30歳まで五年間、この誤診により、さまざまな病院を転々としながら無駄な治療を受けることになりました。

病院を転々としていたのは良くないけれど(しかも一年くらい全く病院に行っていなかった時期もあるし)、カウンセリングやデイケアの治療の成果も無かったので、今となっては、発達障害なのは間違いない事なんだと思っています。

 

30歳、あまりにも境界性人格障害の治療が上手くいかないので、発達障害支援センターで検査を受けた結果、特定不能の広汎性発達障害と診断を受け、その後ある出来事がきっかけで通院することになった病院で、アスペルガー症候群、今で言う自閉症スペクトラムと診断されました。

どちらの障害名にしろ自閉症スペクトラムの分類であることに変わらないので、統一しているわけです。

 

最初の精神科からここまで長かったよ…20年ですよ、20年!

お陰様で発達障害という診断を受けてから、自分の弱点がはっきりと分かり、少しずつ改善するようになって、人間関係のトラブルは徐々に無くなっていっています。

たまーに失礼なことを言っている時もあるけどね…その度に反省しています。

結婚してからは、誰かと喧嘩するのも疲れるくらいなので、合わないなーと思った人とは黙って離れるようにしたりもしています。

その辺の工夫はまた、おいおい語っていきます。すみません!

 

ザクッと書いたつもりが、1300文字くらいになっちゃった…こんなもんか。

さて、夕飯を作らねば。

 

 

 

 

初めまして、ブログを始めました。

初めまして!はるみと言います。

転勤族の妻で、発達障害自閉症スペクトラム)持ちです。

 

Twitterをやっている皆さんの中には、もしかしたら私の事をご存じな方もいらっしゃるかもしれませんね。

昨年の10月まで、「転勤族の妻、はるみ」というニックネームでTwitterをしていました。

その時のフォロワーさんから、「ブログを始めてはどうか」というお話があったので、こうして始めてみることにしたわけですが…

いかんせん色々と書きたいことが多すぎて、始めるまで悩みに悩んだあげく、今の今まで引き延ばしにしてしまいました。

 

Twitterや、現在入り浸っているヤフコメでは書ききれない、今まで色んな経験をして学んだ事をこれからブログにつづっていこうと思います。

特に恋愛に関しては、熱く語るのでうっとうしいかもしれません。

よろしくお願いします。